歯の話

2016年10月30日

反対咬合と診断されてました。

矯正するのに、前歯から数えて4番目の歯を上下4本またおやしらずを4本抜くようにし歯科医にすすめられ歯を抜きました。

その後私の場合は取り外し不可の矯正装置を装着するようにすすめられました。

装着して3日は歯がとても痛くゼリーなどの柔らか物を食べて過ごしました。

歯を磨く時は必ず鏡を見て子供用のヘッドの小さな歯ブラシを使い1回10分は時間をかけて磨くように言われました。

矯正してからは食事をすると歯にいろいろな物が引っかかる為に外食するのが億劫になりました。

1ヶ月に1回は定期受診をしなければならなくなりました。

虫歯になると矯正装置を一度外してまた装着し直さなければならないと言われた為甘いものは控えました。

またガムやキャラメル、グミなど歯にベタベタとひっつくものは食べるのを控えるように言われました。

矯正は保険外診療なので60万円ほど支払いました。

1年ほどで反対咬合が改善し歯並びがガタガタだったのでなおりました。

人前で大きな口を開けて笑えるようになりました。